ダイエットに励み始めると

途端に軽くなってしまう部位の代表ですね

今日はこの記事から

実は胸から真っ先に痩せています。これ以上”しぼむ”前に知りたい胸残しダイエット

原因1▷胸は燃焼されやすい

やはりお腹やお尻・太ももに比べて

動きが大きくなりがちな点があげられると思います

原因2▷栄養不足

簡単に言ってしまうと

乳房を作るのはタンパク質と脂質

枠組みをたんぱく質がつくってその隙間を脂質が埋めていく

というイメージでしょうか

記事によると

「細胞を作り出す栄養素がとにかく足りなくなる」

まさしくタンパク質と脂質のことです

「そのせいで、クーパー靭帯なども弱くなってしまう(コラーゲンからできていますので)」

くわえてコラーゲンの生成にはビタミンCも不可欠ですね

「バストの皮膚が乾燥気味になって、支えられなくなる」

脂質不足ですね

原因3▷女性ホルモンが分泌されない

女性ホルモンもタンパク質と脂質でできています

どうすればいいの〜っ

POINT1▷揺らさない!

ということで揺れることによる燃焼を抑えましょう

寝る時もナイトブラなどの着用がいいかもしれませんね

POINT2▷大胸筋を鍛える

栄養がとどきやすくなるとともに筋トレの利点は

タンパク質が選択的に胸付近に届けられる

ということもあげられるでしょう(筋の修復に必要なのでね)

POINT3▷姿勢改善

いくら材料をあつめても増やしても

下向きだと台無しですね

大きくはなるけど垂れさがる

といったところでしょうか

POINT4▷胸郭呼吸

ということで姿勢改善には呼吸がとても大切になります

記事に

「胸郭呼吸は、息をするときに、いつもお腹をへこまして、胸に空気を取り込むようにするんです。」

とありますがそれだとちょっと息苦しい感じがする方には

「息を吸う際腰が反る感じがした瞬間少しお腹に力を入れる」

(反りすぎを抑える)

という感覚でお試しいただけたら幸いです

・・・

いかがでしたでしょうか

記事の補足としてダイエット中とはいえ

タンパク質・脂質の摂取を怖がらないこと

そして

ビタミンCは季節のものを意識すること

たとえば3,4月ならいちご5月以降ならピーマン・パプリカ

あたりがおすすめです

秋以降のものはいつかまたお話ししますね。

ぜひお試しくださいませ

IMG_20150428_095432

男性セラピストに寄せられた実際のお客さまのご感想

店内の様子(動画アリ)はこちら

当サロンへのアクセス(地図)

ニース式オイルトリートメント(女性専用)

秋冬限定!キャンドルアロマでオイルトリートメント

(春夏は痩身トリートメント

すっきり爽快ボディケア

痛さ選べる足つぼリフレクソロジー

国家資格者による鍼・灸・あん摩・マッサージ・指圧をご希望の方は

0467-91-4642鍼灸武次(旧 茅ヶ崎サザンビーチマッサージ&はりきゅう院)