夏は汗かくから大丈夫

でも大きな落とし穴が待ち受けています

今日はこの記事から

まるで怪談?!夏なのにぶくぶく太る4つの理由

アイスや冷たいドリンクの飲み過ぎ

これはもう定番といっても良いでしょうね

記事に

「体の外からの冷えよりも内臓からの冷えは代謝がダウンしやすく、痩せにくい状態になってしまいます。」

とありますが何故かと言えば

代謝は筋肉よりも内臓(とくに肝臓)が担っているから

内臓に血を集めるべきは夜

ということでむしろ夜に冷たいものは避けましょう

ちなみに

冷たいものと同じくキケンなのは生もの

生野菜やお刺身などもできれば日が暮れる前にいただいておきましょうね

また記事に

「暑い!と感じた時にキンキンに冷えたドリンクを飲みたい気持ちはわかりますが、常温程度にぬるんだお水やお茶がいいでしょう。」

さすがにこれは厳しいなんて方も多いかもしれません

少なくとも冷蔵庫から出してすぐ飲まないようにしてください

夜は冷蔵庫から出したままにしておくとかでもいいかもしれません

ちなみに8月以降なら白湯はとてもおすすめです

さらに

「ただし、汗をたくさんかいたり、暑い屋外に長時間いる場合はこまめな水分補給を忘れないようにしましょう。」

いわゆる熱中症対策ですが

この場合水ばかり飲むのはNG

塩分補給しないと低ナトリウム血症をまねくので

汗をかいたら水と少量の塩をこころがけてくださいね

冷たい麺料理をよく食べる

「麺は糖質が高く高カロリー。栄養も偏りがちになってしまうので、太りやすくなってしまいます。」

だそうです

とはいえ日中暑すぎて何も食べる気がしない

なんて時はぜひお召し上がりください

記事にある

「夏こそ温かいスープや辛い料理がオススメ。」

というのは前項と同じくとくに夜がオススメですね

お風呂はシャワーでさっと済ませる

「ダウンしてしまった代謝を戻すには、やっぱりお湯につかってしっかりと体を温めることが大切。」

とても大切ですね

さらに代謝を高めたい&のぼせたくない

という方は

冷水シャワー&湯船を反復させるのがオススメですね

とくに首筋から胸元に冷水をかけれると代謝のスイッチが入りやすいですよ

なれるまで冷たいですけど

運動不足

これは記事にあるとおり

「日が暮れた夕方以降、比較的涼しくなる帰宅の際に1駅前で降りて歩いたり、夏なりの工夫をしましょう。」

まちがっても息が上がって汗だくだくになるようなものばかり

を追い求めないでくださいね

記事にあるとおりストレッチやヨガなどを増やすのが

暑い季節はよいのではないでしょうか

心臓に過度な負荷をかけることなく

じんわりと内側から燃焼してくれますよ

・・・

いかがでしたでしょうか

夏バテを防ぐには今からのケアがとても大切になってきます

ぜひお試しくださいませ

IMG_20150610_151752

男性セラピストに寄せられた実際のお客さまのご感想

店内の様子(動画アリ)はこちら

当サロンへのアクセス(地図)

ニース式オイルトリートメント(女性専用)

春夏限定!薄着で差をつける痩身トリートメント

(秋冬はキャンドルアロマでオイルトリートメント

すっきり爽快ボディケア

痛さ選べる足つぼリフレクソロジー

国家資格者による鍼・灸・あん摩・マッサージ・指圧をご希望の方は