「ぽちゃぽちゃしてる」っていうと

中に水があって潤いとハリが残っているイメージです

男性が好むいわゆる「ぽっちゃり」も

この範疇に収まってる場合が多いでしょう

ではダイエットを要する場合はどうでしょうか

今日はこの記事から

「ぽっちゃり」をどんどん加速させる5つのNGポイント

便秘になりがち

記事に

「きのこや発酵食品など食物繊(維)・乳酸菌を積極的に摂るのがオススメです。」

とあります

間違ってはいないものの注意が必要なのは

(不溶性)食物繊維はお腹にたまるのでヒドイ便秘の時は逆効果

ということですね

便秘解消ということでおすすめは

・朝5,6時台に冷水か果物を摂る

・前日に腹筋を汗をかくまで続けておく

以上の2つになります

大腸の動きが最も活発になるのが朝5,6時

普段は常温の水や白湯をすすめまずが

こと便秘解消に関しては冷水の方が適していると思います

加工食品が大好き

塩分は水とともに体内に吸収されていきますね

逆に言うと塩分が多いと大腸に潤いが届きにくくなります

見落としがちなのはハムやソーセージなどの加工食品

自炊の際にご注意くださいね

薄着、冷たいものが好き

記事に

「夏を理由に薄着や冷たいものを食べていませんか?」

とありますがちょっとだけ補足を

薄着自体は代謝を高めるのにとても有用です

とくに首筋から胸元はできるだけさらしておきましょう

記事にも

「夜お腹出して寝てるかも…」

とあるように

夜血液があつまる内臓(とくに肝臓)を冷やさないように

ということですね

そして冷たいものは暑い夏でも極力控えた方が賢明です

身体の内側の熱を防ぎたいなら

あまり冷やさないハト麦茶がおすすめ

あとは夏野菜と薬味を上手に利用するとよいでしょう

睡眠不足になりがち

ねつきが悪いという方は

日光を浴びる時間を早めてみるといいかもしれません

おやすみホルモンといわれるメラトニンは

日光を浴びてから14~15時間後に生成されるといわれます

起きたら5分だけでも散歩してみてはいかがでしょうか

また天気の悪い日などは

メラトニンの元になるセロトニンを増やす努力を

セロトニンの元になるのはトリプトファンや鉄

ヨーグルトやバナナ、はちみつそしてレーズンなど

を多めに摂ってみましょう

リバウンドしやすい

ダイエットを

「ガマンしなければならないもの」

「ツラサを乗り越えたら理想の身体を手に入れられる」

と誤解してしまいがち

たしかに

そうイメージしないとモチベーションもあがらない

のはよくわかります

しかし基本的にダイエットは生活習慣を整えるもの

長くつきあっていただきたいものです

ですので

厳しい中にも心地よさを見つける努力

が大切だと考えます

ウォーキング中に新しいお店を探索してみる

とか

筋トレで筋に血が集まる気持ちよさを感じ取る

だとか

もうそこかしこにチャンスは転がっています

一喜一憂せず長くつきあっていける

自分に合ったダイエット法をお探しくださいませ

IMG_20160608_114220

男性セラピストに寄せられた実際のお客さまのご感想

店内の様子(動画アリ)はこちら

当サロンへのアクセス(地図)

ニース式オイルトリートメント(女性専用)

春夏限定!薄着で差をつける痩身トリートメント

(秋冬はキャンドルアロマでオイルトリートメント

すっきり爽快ボディケア

痛さ選べる足つぼリフレクソロジー

国家資格者による鍼・灸・あん摩・マッサージ・指圧をご希望の方は